ペットの寄生虫から人間に感染

寄生虫ってなんでしょうか。多くの人は犬、猫がつける病菌の一つと知っていますけど、実はペットの寄生虫についてのことがはっきり分かりない人がたくさんいます。または寄生虫といえば、怖いところがあります。これはペットのある寄生虫は人間にうつる可能性があることが事実だと実証されました。それで、ペットにすみつく寄生虫を放っておくと、大変なんです。今回、ペットの健康のために、人間の健康ために、ペットの一つ種類である犬を中心に寄生虫および人間の健康との関係を説明しております。ご参考してください。

寄生虫とは、寄生生物のうち動物に分類され、分かりやすく言うと動物の対表や体内にすみつき、その動物から栄養を吸収して生きていく動物です。寄生虫は2つの種類を分かられます。それは外部寄生虫と内部寄生虫です。外部寄生虫とは、宿主の体表、皮膚内に一時的、短期間あるいは長期で寄生生活をしているものです。それに対して内部寄生虫は、体内で寄生生活を行うものです。体外寄生虫はペットの毛の間にすみ着いていて、目で確認できます。体内寄生虫はペット病院にいき、診察を受けるはずです。

ペットは寄生虫をすみ着く原因もさまざまです。たとえば、①ハエやゴキブリから、食事時の口からの感染すること;②散歩時の他の犬の排泄物、草むら等から感染するこよ;③ネズミや鳥等から感染すること;④経口感染の他、母犬から子犬に感染すること;⑤蚊から感染することなどです。ここは蚊から感染することもペットから、寄生虫は人間にうつることが注目されています。

ペットは寄生虫に感染すると、体調が悪くなります。具体的には、食欲不振、元気がない、発熱、だるい、貧血、下痢、血便、痒みなどの症状があります。あるひどい場合は他の病気が併発することもあります。たとえば、ノミは猫、犬だけでなく、人間にも痒みもあり、吸血される場合もあります。ご注意してください。

ペットの寄生虫はペットが感染されるとは限りません。人間にも感染される可能性がありますので、ペットは寄生虫をあれば、すみやかに駆除をおこなうことが大切なんです。たとえば回虫は、幼児に感染でき、発熱や咳、視力障害などを引き起こることができます。このように、動物と人間の間で共通して感染する病気を、ズーノーシスと呼ばれています。

最後には、寄生虫の感染を予防するには、飼育環境を清潔に保ち、駆虫薬を定期的に投与します。犬の年齢や体重、寄生虫の種類によって、効果や投与量も違いがあります。きちんと動物病院で診察を受けたうえで、適切な治療を受けましょう。