ノミ・マダニの治療について大切なことは?

ノミ・マダニの寄生に対し、最近は多種の市販薬が売られていたりインターネットやペット関連の本などでもたくさんの駆除方法があげられています。ノミはさされた部分のかゆみの原因になるだけではなく、全身に強いかゆみが起こるノミアレルギー性皮膚炎を引き起こします。
ノミやマダニの駆除法はいろいろ考えられますが、一番大切なのは確実に駆除し、さらには今後の寄生も予防してくれる方法を選ぶことです。是非早い時期から寄生予防をしてほしいと思います。 大切なことは、
★ノミやマダニがつかないようにすること
★寄生しているのを見つけても、自己判断せず、必ず動物病院に相談すること
★動物病院で処方してもらった薬で確実に駆除することです。
ノミダニの活動は気温が大きく影響をしていますが、近年では1年を通しての予防と注意が必要と言われています。
春先から夏にかけて室内外問わず、無数のノミダニが活動するため、必ず予防が必要な時期とお考えください。
秋シーズンは夏場に比べ予防と注意が甘くなりがちですが、実は、寄生の確率で見てみると夏よりも秋が多いとも言われているほど。
真冬の時期は活動をしないだけで実際にはイヌやネコの体毛や、家の中の暖い場所に身を潜め、冬が過ぎるのを待っていることもよくあるケースです。冬場の室内は、温度も高い状態になりますので春夏と同様にノミが活動しやすい状態とご理解ください。