ノミやマダニの予防について

ノミは約3mmと小さく、毛の間を逃げ回ります。探しても、ノミ自体が見つかるよりも『ノミの糞』がみつかることが多いです。
マダニは5~10mm程度で、成長段階や吸血の有無によって、大きさだけでなく形も変化します。ワンちゃん、ネコちゃんの目の周りや、耳に寄生していることが多いです。
ノミやマダニの寄生により貧血やアレルギー性皮膚炎などの病気を引き起こすばかりではなく、ノミやマダニが運ぶ(媒介する)病原体が様々な感染症の原因となります。
ノミが介在する病害:瓜実条虫症 猫ひっかき病 など
マダニが介在する病害:バベシア症 ライム病 Q熱 など
予防駆除期間は5月~10月
毎月1回の予防薬の投与
予防・駆除薬はスポット剤と内服薬があります。
正しい予防と駆除方法
予防方法としては、散歩や外出から戻った後は必ずブラッシングを行い、手足を綺麗に拭いて上げることが重要です。
お薬での予防は、毎月1回程度の間隔でノミマダニ駆除薬を与えて下さい。ノミマダニの駆除薬としては、皮膚に塗布をするタイプのフロントライン、おやつとして食べさせるネクスガード、この2つが最も効果的で動物病院で行われている予防駆除方法です。
お薬を毎月与えてあげていれば、ノミは勿論、やっかいなマダニも寄生する事はありませんので安心です。